Amazon Echoでテレビがつけられる!

投稿者: | 2017年12月1日

スポンサーリンク

アメリカでネット業界の話題を独り占めしているAmazon Echo。11月1日に日本での販売が発表になり、予約の受付が開始され、つい先日ついに我が家に届きました!

新しもの好きの私としては買わずにはいられなかったわけでw

早速設定方法と簡単な使い方をレビューしますね。

スポンサーリンク

そもそもEchoって何なのよ?

Amazon Echoとは一般的に(まだ一般的にはあまりなっていませんが)「スマートスピーカー」と呼ばれるものの一種です。で、スマートスピーカーって一体何かというと、簡単に言うと

「こちらの言うことを理解して返答を返してくれるスピーカー」

といったところでしょうか。

「アレクサ、おはよう」と問いかければ「おはようございます」と返してくれるし、「アレクサ、今日の天気を教えて」と問いかければ「この近辺の今日の天気は晴れ、午後から一時雨に成るでしょう。最高気温は12℃、最低気温は5℃です」といった返答をしてくれます。

アレクサ(Alexa)というのがEchoに載っている人工知能の名前で、何かお願いしたいときは「アレクサ!」と問いかけるところから始めます。

2017年12月時点では、このAmazon Echoの他に、先行して発売されたGoogleのGoogle HomeとLINEのClovaがあります。現時点ではどれも優劣つけ難いですが、北米ではAmazonの一人勝ちとなっている模様。これからどれだけ日本語を蓄積して理解するかによって優劣がついてくるんでしょうね。

設定方法

こちらが届いた箱です!そして中身。高さは20cmぐらい、直径8cmぐらいの円筒形のデバイスです。

箱の中身は本体と電源ケーブルと簡単なマニュアルが入っているだけ。日本企業の製品のように電話帳みたいな厚さのマニュアルや余計な広告が入っていないのがうれしいですね。

Amazon Echoを電源につなぐと、「Alexaアプリをダウンロードしてください」とスピーカーから声が。すごい、ここでもう感動。いちいちマニュアル見なくてもいいのね。

自分のiPhoneにAlexaアプリをダウンロードして起動すると、Amazonへのログオン画面が現れるのでIDとPWを入力してログインします。

ログインすると、Wifiを選択する画面が出てくるので、自分の家のWifiを選択します。

WifiのPWを求められるのでPWを入力して接続。接続にはしばらく時間がかかります・・・。

私の場合、ここで何回やっても接続できなかったので、Googleで検索してAlexaのWebサイトに接続し、そこからWifiの設定を行いました(https://alexa.amazon.com/)。まぁ、ググればわかるのであれば想定内の事象かなと思いますが、慣れてない人は詰まってしまうかもなぁと思いました。

ともあれ、無事にAmazon EchoとWifi環境を接続することができました!さて、いよいよAmazon Echoに話しかけてみたいと思います!

使い方

挨拶系

「おはよう」や「ただいま」「いってきます」などの挨拶には、普通に「おはようございます」「おかえりなさい」「いってらっしゃい」などの受け答えをしてくれます。まぁこれはもうアタリマエですよね。

質問系

今日の天気やニュースなどについて聞くと、一通りの答えを返してくれます。

現在はまだできないようですが、目的地までの最短ルートと料金などもいずれできるようになるようです。

検索系

××の地域で美味しいイタリアンのお店などの検索にも使えます。

指示命令系

今のところ一番使うのはこれ。タイマー設定や音楽の再生などですね。ジャンルに応じた音楽をAmazon MusicやSportifyなどから自動で検索して再生してくれるので、気分に応じた音楽をランダムに聞くことができます。もうYouTubeで作業用音楽を探さなくても、家の中のBGMはこれ一つで全然OK。しかも私が購入したEcho Plusは予想以上にスピーカーの性能がよく、かなりの重低音も聴かせることができて、音質に拘る人にとっても結構良いのではないかなぁと。

そして、私が一番実現したいのが、家中の家電をAmazon Echoで操作すること。

本日2017年12月1日に、3社からAmazon Alexaに対応した家電を操作できる赤外線リモコンが発売になりました!
→ Amazon Alexaで家電を操作、3社のスマートリモコンが対応

私は「eRemote mini」を購入。7千円とリモコンにしては高額ですが、これがあるおかげで

「Alexa テレビつけて」
「Alexa 暖房を25度でつけて」
「Alexa リビングつけて※」
※家電をグルーピング出来る機能があるとのこと

などなど、様々な家電が声で操作できるようになり、ぐんと幅が広がるのです。

30年後の人類はちっとも歩かなくなって手足が退化してしまうというのを何かのマンガで読んだ気がしますが、少なくとも家の中ではリモコンで操作するのではなく声でさまざまなものを操作できる時代になってきているんですね。

Alexaのスキルはこれからもどんどん追加されていく模様(しかもAPIも公開されているから自分で開発したい人はできてしまう)。小学生の頃夢みたいだと思っていた世界がもう目の前にあるなんて感慨深いですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です